痛くない親知らず抜歯

親知らずは抜いたほうが良い?抜かないほうが良い?

親知らずは役に立たないばかりかトラブルの原因になるので抜いたほうが良い。以前の歯科治療ではこのように考えられていました。しかし、現在の歯科治療では、できるだけ抜かないほうが良いとされています。

もし、親知らずの抜歯を考えておられるのであれば少しお待ち下さい。ユアーズ歯科柏クリニックの親知らずに対する治療方針をご説明します。

親知らずは再利用できる場合がある

別の歯を抜歯しなくてはいけなくなった場合、親知らずが残っていれば移植できることがあります。歯の形や他の条件が良くないと移植は難しいのですが、トラブルを起こしていない親知らずを無理に抜く必要がありません。

sample

抜いたほうが良い親知らずとは?

移植にも使えるとはいえ、口の中でトラブルを引き起こしている親知らずは抜歯がすすめられます。例えば、次のような親知らずは抜歯する必要があるでしょう。

  • 親知らずが歯ぐきから出ておらず、内部で膿んで痛みが出ている。
  • 歯ぐきから出てきているが、形がいびつで歯磨きがうまくできず、虫歯や歯周病になる恐れがある。
  • 親知らずの隣に生えている歯を押しており、歯並びを悪くさせている。
  • 変な方向に生えているせいでかみ合わせが悪くなっており、健康な歯にも悪影響を及ぼしている。

親知らずの抜歯は意外と痛くないってホント!?

親知らずの痛み

大人になってから生えてくる親知らずの抜歯は痛いのでは?と不安になる人は多いです。しかし、親知らずも1本の歯です。他の歯と同じように麻酔注射をしてから抜歯するので特に痛いということはありません。

複雑な生え方をしていないのであれば、意外と簡単に抜歯できます。もし、患者さまに強い不安感があったり、難しい生え方をしていたりする場合は、全身麻酔による治療法も選択できます。また、下記のような方法にて患者さまにとって負担の少ない方法で受けることができるのでご安心ください。

  • 抜歯時間と術後の痛みには深い関係が

    親知らずの抜歯親知らずの抜歯自体は麻酔のおかげでほとんど痛くありません。しかし、麻酔が切れてくるとどうしても痛みがでてしまいます。歯科医院では、痛くなったとき用に痛み止めが処方されるので、必要に応じて服用してください。

    術後にどれくらい痛くなるかというのは、抜歯時間に関係するといわれています。速やかに抜歯できた場合は、それだけ痛みも早く良くなります。当院では、親知らずの抜歯の経験豊かな歯科医師が抜歯を担当し、スムーズな治療を心がけています。

  • ドライソケットによる痛み

    抜歯とドライソケット親知らずを抜いた部分は、大きな穴が空いています。ふつうは、この部分に血がたまって固まることで自然に保護してくれています。

    しかし、血が固まらないこともあります。それがドライソケットと呼ばれる症状で、歯を抜いた部分に食べかすや雑菌が入り込んで強い痛みを引き起こすおそれがあります。こうした症状が出た場合は速やかに診察を受けて下さい。血が正常に固まるような処置を施します。当院ではドライソケットが予測される場合は予め、フタの役割をするものをつけ、防止します。

親知らずの抜歯で顔を小さくできるの?

小顔

奥歯のさらに奥に生えている親知らずを抜くと、顔が小さくなると考える人もいます。いくらか小さくなるかもしれませんが、思ったほどの効果を得られない場合もあります。親知らずを抜歯することで小顔にするという方法に関しては、医師の中でも意見が分かれています。どうしても小顔にしたいという希望があれば、小顔矯正を行っているクリニックで相談してみると良いかもしれません。

柏で親知らずの抜歯を検討しておられる方へ

柏で親知らずの抜歯

このように親知らずは必ずしも抜いたほうが良いわけではありませんし、正常に生えている場合は将来の親不知のの移植も考え、抜かない方が良いということもあります。もし、柏で親知らずを抜歯するかどうかお悩みならば、ぜひ柏のユアーズ歯科柏クリニックにご相談ください。親知らず抜歯に関するセカンドオピニオンも実施中です。ご相談、お待ちしております。